2000系
img
田園都市線の輸送力増強に伴い1992年から1993年にかけて30両が製造されました。2003Fは当初8両で東横線に暫定投入されましたが、中間車を組み込み現在の姿となっています。
9000系をベースとしたステンレス製20m級4扉車で、主制御装置はGTO-VVVFインバータを採用しています。
2003年から始まった東武直通には対応せず全編成にサークルK表示がされています。2005年から2006年にかけて行先表示機がフルカラーLEDへ交換されました。
2017年度から機器更新を主とした更新工事が行われ、VVVFインバータがSiC素子のものとなり、パンタグラフもシングルアームに交換され各車2台設置となっています。1編成目となる2003Fはサハを除く8両に施工され2018年3月に出場しました。10両編成で試運転が行われ運用復帰の兆候がありましたが、5月に再入場し6月にサハ2両が廃車のため搬出されました。7月には2002F、10月に2001Fも入場しました。
2003FはWパンタ車のMM'ユニット片割れを組み込んだ暫定5両となり大井町線へ転属しましたが、2002Fの更新工事で1M車が誕生したことから正式に5両編成の組成となりました。2003Fからは先頭車及びMM'ユニット×3の8両、2002Fからは先頭車及び1M車×3の5両、2001Fからは先頭車の2両のみが更新され、これらを組み換えて新たに5両編成3本となりました。この組み換えにより9020系に改番されました。
最終更新
2019/4/3
クハ2000 デハ2250 デハ2200 サハ2700 デハ2350 デハ2300 サハ2800 デハ2450 デハ2400 クハ2100
備考
2001F 2001 2251 2201 2701 2351 2301 2801 2451 2401 2101
2018年度廃車
2002F 2002 2252 2202 2702 2352 2302 2802 2452 2402 2102
2018年度廃車
更新車
クハ2000 デハ2250 デハ2200 サハ2700 デハ2350 デハ2300 サハ2800 デハ2450 デハ2400 クハ2100
備考
2003F 2003 2253 2203 2703 2353 2303 2803 2453 2403 2103
2017年度更新 2018年度廃車
更新車
暫定編成
備考
クハ2000 デハ2300 デハ2450 デハ2400 クハ2100
2003F 2003 2303 2453 2403 2103 2017年度更新
2018年度5両化
9020系 備考
クハ9020 デハ9220 デハ9320 デハ9420 クハ9120
9021F 9021
(2001)
9221
(2402)
9321
(2353)
9421
(2303)
9121
(2101)
 
9022F 9022
(2002)
9222
(2202)
9322
(2253)
9422
(2203)
9122
(2102)
 
9023F 9023
(2003)
9223
(2302)
9323
(2453)
9423
(2403)
9123
(2103)
 

 ◯ 関連リンク