キハ200形
img
キハ200形は1961年から1977年に14両が製造されました。国鉄キハ20系をベースとしており、全車が日本車輌で製造されました。
長年に渡り製造されたことから時期により仕様が異なり、側扉についてはキハ206までがプレスドア、207以降がハニカムコア構造の客用ドアとなっており、側窓についてはキハ210までが通常のアルミサッシ、キハ211以降がユニットサッシとなっています。車内はロングシートで、トイレは設置されていません。
1990年6月~1993年6月にかけてキハ209・210を除く12両が冷房化されました。
最終更新
2020/4/5
キハ200 製造年
キハ201 201 1961  
キハ202 202 1961  
キハ203 203 1963  
キハ204 204 1963 東武8000系から発生したベンチレーターを使用
キハ205 205 1964  
キハ206 206 1964  
キハ200 製造年
キハ207 207 1970  
キハ208 208 1970  
キハ209 209 1970 非冷房 休車
キハ210 210 1970 非冷房
キハ200 製造年
キハ211 211 1975  
キハ212 212 1975  
キハ213 213 1977  
キハ214 214 1977  

 ◯ 関連リンク