8030系

8030系は特急型車両として1971年から1973年に58両が3000系として製造されました。オールクロスシートで冷房装備の2扉車となっています。
8000系投入に伴い、6両編成で残っていた一部の本系列にも8000系中間車が挟まれ全編成が7両化されましたが、8000系によって全編成を置き換える方針となり1990年から廃車が始まり、一部は富山地方鉄道と大井川鉄道へ譲渡されました。
特急増発により3505Fのみ残り1995年にリニューアル工事が行われました。その際に8000系に合わせるため3608がダブルデッカーに改造され組み込まれています。8両化の際には3506の運転台部分に3005の車端部を取り付け中間車としています。
2008年に新3000系がデビューすることに伴い8030系に改番され、3505Fは8531Fとなりました。老朽化により2013年春で引退し、全廃となりました。ダブルデッカー車は富山地方鉄道に譲渡されています。


トップページ

京阪電気鉄道

8030系

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




最終更新
2013/12/23
備考
Tc1
8530
M1
8130
M2
8230
TD
8830
T1
8730
T2
8630
M3
8180
Mc2
8030
8531F 8531
(3505)
8131
(3105)
8231
(3205)
(3106)
8831
(3805)
(3608)
8781
(3755)
(3606)
8681
(3655)
(3506)
8181
(3155)
(3108)
8081
(3055)
(3006)
2013年度廃車
  備考
Tc1
3500
M1
3100
Mc2
3000
T1
3500
T
8500
M1
3100
Mc2
3000
3501F 3501 3101 3001 3516 8552 3102 3002 1990年8月20日廃車
3503F 3503 3103 3003 3510 8554 3104 3004 1991年1月16日廃車
3513F 3513 3113 3013 3502 8564 3114 3014 1991年7月1日廃車
(3114は1992年1月16日廃車)
3515F 3515 3115 3015 3514 8566 3116 3016 1992年1月16日廃車
3517F 3517 3117 3017 3518 8568 3118 3018 1990年11月26日廃車
(3117は1991年1月16日廃車)
  備考
Tc1
3500
M1
3100
Mc2
3000
T1
3500
T
3600
M1
3100
Mc2
3000
3505F 3505 3105 3005 3506 3606 3106 3006 1997年10月13日廃車
3507F 3507 3107 3007 3508 3608 3108 3008 1993年8月2日廃車
3509F 3509 3109 3009 3504 3610 3110 3010 1993年1月29日廃車
3511F 3511 3111 3011 3512 3612 3112 3012 1993年1月18日廃車