8000系

8000系は鴨東線開業用及び3000系置き換え用の特急用車両として1989年から1998年に10編成80両が製造されました。
車体は6000系をベースとした2扉アルミ車体で、車内は転換クロスシートとなっています。
8001Fは7両編成で製造され、その他に3000系7両化用の中間車が5両製造されました。8002F〜8006Fは3000系廃車で余剰となった新造中間車を組み込むため6両編成で製造され、8007F以降は再び7両編成で製造されています。
1997年から1998年にダブルデッカー車が製造され、8両化が行われました。2008年からは新塗装化が行われ、2010年からは車内のリニューアル工事が行われています。


トップページ

京阪電気鉄道

8000系

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




最終更新
2012/5/17
備考
Mc1
8000
M2
8100
T2
8500
TD
8800
T3
8700
T
8500
M1
8100
Mc2
8000
8001F 8001 8101 8501 8801 8751 8551 8151 8051  
8002F 8002 8102 8502 8802 8752 8552 8152 8052  
8003F 8003 8103 8503 8803 8753 8553 8153 8053  
8004F 8004 8104 8504 8804 8754 8554 8154 8054  
8005F 8005 8105 8505 8805 8755 8555 8155 8055  
8006F 8006 8106 8506 8806 8756 8556 8156 8056  
8007F 8007 8107 8507 8807 8757 8557 8157 8057  
8008F 8008 8108 8508 8808 8758 8558 8158 8058  
8009F 8009 8109 8509 8809 8759 8559 8159 8059  
8010F 8010 8110 8510 8810 8760 8560 8160 8060