キハ38形

キハ38形はキハ35を置き換えるため、キハ35の機器を流用し1986年から1987年に7両が製造されました。
車体はキハ37を基本とした19.5m車体で、キハ35同様の3扉車体となっています。走行用機関はキハ37同様のものが新造され、変速機と台車はキハ35のものが流用されています。
八高線に投入されたのち久留里線へ転用されました。キハE130形の投入より2012年12月1日に運用を離脱しました。キハ38-1が同月中にいすみポッポの丘に、キハ38-1003が2013年7月に水島臨海鉄道に譲渡されました。


トップページ

JR東日本

キハ38形

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




幕張車両センター木更津派出 千マリ
最終更新
2013/7/12
キハ
38
キハ38-1 1 元キハ35-152 2012年度廃車 いすみポッポの丘に譲渡
キハ38-2 2 元キハ35-161 2012年度廃車
キハ38-3 3 元キハ35-513 2012年度廃車
キハ38-4 4 元キハ35-515 2012年度廃車
  キハ
38
キハ38-1001 1001 元キハ35-153 2012年度廃車
キハ38-1002 1002 元キハ35-201 2012年度廃車
キハ38-1003 1003 元キハ35-516 2013年度廃車 水島臨海鉄道に譲渡