logo

7800系

7800系は7300系を基本とし東武独自に設計した車両で、1953年から1961年にかけて164両が製造されました。
20m級4扉車で製造時期により7800系・7890系・7820系・7860系・7870系の5タイプに別れます。
1979年から1985年にかけて、事故で廃車になった2両を除く162両が5000系列に更新されて7800系は消滅しました。
7800系
7800系は当初7300系の増備車7330系として登場し、その後すぐに改番されました。18編成36両が製造されました。車体構造は木造で日除けは鎧戸でした。1965年から一部編成が中間車化されて4両編成が誕生しています。その後808Fが1970年10月9日に鷲宮~花崎間の207号踏切で大型ダンプと衝突し大破、廃車となりました。
←浅草・池袋
Tc
800
M
7800
T
800
Mc
7800
Tc
800
Mc
7800

●800F・801F
Tc
800
Mc
7800
編成 組成 製造メーカー 製造年 更新年 備考
800F 800+7800 800:日本車輌
7800:宇都宮車輌
1953 1982  
801F 801+7801 801:汽車会社
7801:宇都宮車輌
1953 1981  
802F   宇都宮車輌 1953 197 1965年中間車化
803F   宇都宮車輌 1953 1981 1965年中間車化
804F   汽車会社 1953 1980 1965年中間車化
805F   汽車会社 1953 1981 1966年中間車化
806F 806+7806 ナニワ工機 1953 1982  
807F 807+7805+805+7807 ナニワ工機 1953 1981  
808F 808+7808 ナニワ工機 1954 - 1970年花崎事故で廃車
809F 809+7809 ナニワ工機 1954 1981  
810F 810+7810 東急車輛 1954 1979  
811F 811+7811 日本車輌 1954 1979  
812F 812+7812 日本車輌 1954 1981  
813F 813+7813 日本車輌 1954 1980  
814F   814:汽車会社
7814:日本車輌
1954 197 1966年中間車化
815F 815+7804+804+7815 汽車会社 1954 1980  
816F 816+7814+814+7816 宇都宮車輌 1954 1979  
817F 817+7803+803+7817 宇都宮車輌 1954 1981  
818F 818+7802+802+7818 ナニワ工機 1954 1979  
7890系
890系は当初7850系として登場しましたが、7820系の増備に伴い1960年に改番されました。車内の壁が鋼製となり、長距離運転に備えてトイレが設置されていました(のちに撤去)。4編成8両が製造されました。
←浅草・池袋
Tc
890
Mc
7890
編成 組成 製造メーカー 製造年 更新年 備考
891F 891+7891 日本車輌 1957 1982  
892F 892+7892 日本車輌 1957 1982  
893F 893+7893 ナニワ工機 1957 1982  
894F 894+7894 ナニワ工機 1957 1982  
7820系
7820系は7800系列の中でも量産型と言える形式です。31編成64両が製造されました。7800系と比べ、窓の支持がHゴム支持となり、車内の壁も金属製に、日除けも鎧戸から幕となりました。こちらも中間車化された編成があります。
←浅草・池袋
Tc
820
M
7820
T
820
Mc
7820
Tc
820
Mc
7820
編成 組成 製造メーカー 製造年 更新年 備考
821F 821+7822+822+7821 日本車輌 1957 1982  
822F   日本車輌 1957 198 968年中間車化
823F 823+7824+824+7823 ナニワ工機 1957 1982  
824F   ナニワ工機 1957 1982 1968年中間車化
825F 825+7826+826+7825 日本車輌 1957 1983  
826F   ナニワ工機 1957 1983 1968年中間車化
827F   ナニワ工機 1958 198 966年中間車化
828F 828+7827+827+7828 ナニワ工機 1958 1982  
829F 829+7830+830+7829 日本車輌 1957 1983  
830F   ナニワ工機 1957 1983 1965年中間車化
831F 831+7832+832+7831 日本車輌 1957 1983  
832F   日本車輌 1957 1983 1968年中間車化
833F 833+7834+834+7833 ナニワ工機 1958 1984  
834F   ナニワ工機 1958 1984 1968年中間車化
835F 835+7835 ナニワ工機 1958 1984  
836F 836+7836 ナニワ工機 1958 1984  
837F 837+7837 ナニワ工機 1958 1984  
838F 838+7838 ナニワ工機 1958 1984  
839F 839+7839 ナニワ工機 1958 1984  
840F 840+7840 ナニワ工機 1958 1984  
841F 841+7841 ナニワ工機 1958 1984  
842F 842+7842 ナニワ工機 1958 1984  
843F 843+7843 ナニワ工機 1958 1984  
844F 844+7844 ナニワ工機 1958 1984  
845F 845+7846+846+7845 ナニワ工機 1960 1985  
846F   ナニワ工機 1960 1985 1968年中間車化
847F 847+7847 日本車輌 1960 1984  
848F 848+7848 日本車輌 1960 1985  
849F 849+7849 日本車輌 1960 1985  
850F 850+7850 日本車輌 1960 1984  
851F 851+7851 日本車輌 1960 1984  
7860系
7860系は7800系列唯一の日立製で7820系とほぼ同タイプながら、屋根が鋼製となり床を除き鋼製となりました。8編成16両が製造されました。鉄道各社がカラフルな色を採用している中、東武の一般車は茶色一色だったため7860系はさまざまな試験塗装が行われました。また865Fのモハ7865は踏切事故で破損し、事故復旧により高運転台化され左右の窓が違う非対称前面となりました。
←浅草・池袋
Tc
860
M
7860
T
860
Mc
7860
Tc
860
Mc
7860
編成 組成 製造メーカー 製造年 更新年 備考
861F 861+7862+862+7861 日立 1958 1983  
862F   日立 1958 1983 1968年中間車化
863F 863+7864+864+7863 日立 1958 1984  
864F   日立 1958 1984 1968年中間車化
865F 865+7866+866+7865 日立 1958 1983 モハ7865は高運転台
866F   日立 1958 1983 1968年中間車化
867F 867+7867 日立 1958 1984  
868F 868+7868 日立 1958 1984  
7870系
7800系列の最終形態となったのが7870系です。20編成40両が製造されました。アルミサッシ・広幅貫通路が採用され、881F以降はパンタグラフが後ろに移動しました。最後の編成は7890系の枠に入ってしまうため戻って870Fとなりました。
←浅草・池袋
Tc
870
Mc
7870

●881F~889F・870F
Tc
870
Mc
7870
編成 組成 製造メーカー 製造年 更新年 備考
871F 871+7871 日本車輌 1960 1984  
872F 872+7872 日本車輌 1960 1985  
873F 873+7873 日本車輌 1960 1985  
874F 874+7874 日本車輌 1960 1985  
875F 875+7875 日本車輌 1960 1986  
876F 876+7876 日本車輌 1960 1986  
877F 877+7877 日本車輌 1960 1985  
878F 878+7878 日本車輌 1960 1985  
879F 879+7879 日本車輌 1960 1985  
880F 880+7880 ナニワ工機 1960 1985  
881F 881+7881 ナニワ工機 1961 1985  
882F 882+7882 ナニワ工機 1961 1985  
883F 883+7883 ナニワ工機 1961 1986  
884F 884+7884 ナニワ工機 1961 1985  
885F 885+7885 ナニワ工機 1961 1985  
886F 886+7886 ナニワ工機 1961 1985  
887F 887+7887 ナニワ工機 1961 1985  
888F 888+7888 ナニワ工機 1961 1985  
889F 889+7889 ナニワ工機 1961 1985  
870F 870+7870 ナニワ工機 1961 1985  


 関連リンク