14720系

14720系は1962年に先頭電動車であるモハ14721・14722と中間付随車であるサハ222の3両が製造されました。1969年にサハ222と10020形に組み込まれていたサハ221が先頭車化改造を受けてクハ170形となり、モハ14720形とクハ170形を組み合わせた2両編成となりました。また他の10020形に組み込まれていたサハ223・224も先頭車化改造が行われ、クハ173・174となりました。この2両は車体長が違うため、のちにクハ173形に分類されました。
1981年には14760形と同一構造のクハ175が増備され、このグループは計7両体制となりました。クハ173形同様、車体構造の違いを理由にクハ175形と分類されています。
2012年1月4日に立山駅で14721Fの床下から出火し全焼する事故が発生し、復旧されないまま廃車となりました。また2014年度には増結車2両も廃車となりました。


トップページ

富山地方鉄道

14720系

【メニュー】
当サイトについて
撮影地ガイド
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集



最終更新
2015/5/30
Mc
14720
Tc
171
14721F 14721 171 2013年度廃車
14722F 14722 172  
増結用  
Tc
173
173 173 2014年度廃車
174 174 2014年度廃車
増結用  
Tc
175
175 175