10020形
img
10020形は1961年から1964年に3編成9両が製造されました。うち中間車であるサハ220形は1969年に先頭車化改造されクハ170形171・173・174となり、14720系としてモハ14720形と編成を組んだり、ラッシュ時の増結車として使われるようになりました。
日本車輌製の18m2扉車で中空軸平行カルダン駆動、抵抗制御を採用しています。また富山地鉄で初めてのMMユニット車となりました。1993年までに冷房化工事が行われました。
ワンマン化改造が行われなかったことから使用頻度が落ち、2005年からは廃車が発生しています。
最終更新
2015/6/11
M1c
10020
M2c
10020
10021F 10021 10022 2005年度廃車
10023F 10023 10024 休車
10025F 10025 10026  

 ◯ 関連リンク