5030系

5030系は1998年2月から開始された阪神梅田直通特急運行に伴う増備車として、1997年に2編成12両が、2000年に5000系6両化用中間車8両の計20両が製造されました。
5000系同様の19m級3扉アルミ合金製車体で、車内はセミクロスシートとなっています。制御装置は山陽で初めてVVVFインバータ制御を採用し、MT比1:1の構成となっています。


トップページ

山陽電気鉄道

5030系

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集



最終更新
2017/12/9
Tc1
5630
M1
5230
M2
5231
T
5530
M3
5250
Tc2
5631
5630F 5630 5230 5231 5530 5250 5631  
5632F 5632 5232 5233 5531 5251 5633