5000系
img
5000系は旧性能車の置換用として1986年から1995年にかけて60両が製造されました。また6両化用に5030系8両が組み込まれています。
19m級3扉アルミ合金製車体で、車内はクロスシートとなっています。主電動機は保守の共通化を重視し3000・3050系と共通の三菱電機MB-3020S4が採用されており、一部は2300系や3000系から流用されました。
当初は普通列車用として3両編成で製造されましたが、1988年から特急運用投入に伴い一部が4両化、1991年からは特急6両化に伴い更に中間車が増備されました。最終的に4両固定2編成、6両固定10編成(一部5030系組込)の組成となっています。
最終更新
2017/12/9
Mc'
5000
M
5000
T
5500
Tc
5600
5000F 5000 5001 5500 5600  
5002F 5002 5003 5501 5601  
Mc'
5000
M
5000
T
5500
M'
5231
M
5250
Tc
5600
5004F 5004 5005 5502 5235 5252 5602  
5006F 5006 5007 5503 5237 5253 5603  
5008F 5008 5009 5504 5239 5254 5604  
5010F 5010 5011 5505 5241 5255 5605  
Mc'
5000
M
5000
T
5500
M'
5200
M
5200
Tc
5600
5012F 5012 5013 5506 5206 5207 5606  
5014F 5014 5015 5510 5208 5209 5607  
5016F 5016 5017 5511 5210 5211 5608  
5018F 5018 5019 5507 5200 5201 5609  
5020F 5020 5021 5508 5202 5203 5610  
5022F 5022 5023 5509 5204 5205 5611  

 ◯ 関連リンク