8900形

8900形は1993年から1996年に3編成24両が製造されました。新京成初の軽量ステンレス車体となっています。また京成グループの一般車で唯一ボルスタレス台車を採用しています。
2014年度から制御機器の更新及び6両化が行われています。不要となったサハ2両は廃車となり、同時にピンクの新塗装に変更されました。これとは別に2014年9月29日をもって8両編成の運転が終了したことに伴い、8928Fについては前記の改造は行われず減車のみが行われました。


トップページ

新京成電鉄

8900形

【メニュー】
当サイトについて
撮影地ガイド
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




最終更新
2016/8/30
Tc2
8900
M2
8900
M1
8900
T1
8900
T2
8900
M2
8900
M1
8900
Tc1
8900
8918F 8918 8917 8916 8915 8914 8913 8912 8911 2014年度廃車
8928F 8928 8927 8926 8925 8924 8923 8922 8921 2014年度廃車
8938F 8938 8937 8936 8935 8934 8933 8932 8931 2014年度廃車
  備考
Tc2
8900
M2
8900
M1
8900
M2
8900
M1
8900
Tc1
8900
8918F 8918 8917 8916 8913 8912 8911  
8928F 8928 8927 8926 8923 8922 8921  
8938F 8938 8937 8936 8933 8932 8931