8000形

8000形は1978年から1985年に9編成54両が製造されました。
初期編成は抵抗制御となっており、8506F以降は界磁チョッパ制御となりました。回生ブレーキ時の架線離線対策としてパンタグラフも増設されています。
2006年から開始された京成乗り入れに際し、全編成にIRアンテナ・急行灯・運番表示機の設置が行われ、塗装が変更されました。
VVVF化が進められる一方、一部はN800形増備や8800形6両化により廃車が始まっています。2013年2月に8516Fが離脱したことにより、新京成電鉄のVVVF化率が100%になりました。2014年1月にはVVVF化された8506Fが、2016年1月には8510Fが廃車となりました。


トップページ

新京成電鉄

8000形

【メニュー】
当サイトについて
撮影地ガイド
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




最終更新
2016/3/26
        備考
Tc
8500
M2
8000
M1
8000
M2
8000
M1
8000
Tc
8500
8502F 8502 8004 8003 8002 8001 8501 2011年度廃車
8504F 8504 8008 8007 8006 8005 8503 2010年度廃車
界磁チョッパ制御         備考
Tc
8500
M2
8000
M1
8000
M2
8000
M1
8000
Tc
8500
8508F 8508 8016 8015 8014 8013 8507 2012年度廃車
8516F 8516 8032 8031 8030 8029 8515 2012年度廃車
VVVF改造車         VVVF化年度 備考
Tc
8500
M2
8000
M1
8000
M2
8000
M1
8000
Tc
8500
8506F 8506 8012 8011 8010 8009 8505 2009 2013年度廃車
8510F 8510 8020 8019 8018 8017 8509 2007 2015年度廃車
8512F 8512 8024 8023 8022 8021 8511 2008  
8514F 8514 8028 8027 8026 8025 8513 2010  
8518F 8518 8036 8035 8034 8033 8517 2010