20000形

20000形RSEはあさぎりに使用されていた3000形を置き換えるため1990年に登場しました。JR東海の371系と仕様を揃えています。
制御装置は抵抗制御で、ブレーキは120km/h運転に対応させるため増圧装置が装備されています。
2012年3月のダイヤ改正よりあさぎりがり60000形での運転となったため運用を離脱し、20001Fは2012年8月に解体されました。20002Fはしばらく留置されたのち、2013年11月に富士急行へ譲渡されました。


トップページ

小田急電鉄

20000形

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】




最終更新
2015/5/15
新製月日
M1c
20000
T1
20050
M2
20000
T2
20050
T3
20050
M3
20000
Mc4
20000
20001F 20001 20051 20101 20151 20251 20201 20301 1990/12/24 2012年度廃車
20002F 20002 20052 20102 20152 20252 20202 20302 1991/1/26 2013年度廃車 富士急行へ譲渡