DD51形

DD51形は2基のエンジンを搭載した幹線用ディーゼル機関車で、1962年から1978年にかけて649両が製造されました。軸重を亜幹線基準の14tに収めるために中間に付随台車を装備しており、D型ながらF型並みの大形車体となっています。
基本番台となる0番台、重連総括制御装置を搭載した500番台、SGを省いた800番台が製造されましたが、JR北海道には500番台25両が継承されました。
1988年の寝台特急北斗星運転開始により順次北斗星色に変更が行われました。客車列車の減少により廃車が進み、2016年3月26日に北海道新幹線が開業したことにより全車離脱しました。同年7月に最後まで残っていた8両がまとめて陣屋町へ回送され全車廃車となりました。


トップページ

JR北海道

DD51形

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集

【キーワード検索】






最終更新
2016/8/28
所属 備考
DD51-1006 函館 2008年度廃車
DD51-1010 空知 1991年度廃車
DD51-1052 空知 1992年度廃車
DD51-1054 函館 2014年度廃車
DD51-1055 空知 1993年度廃車
DD51-1068 函館 2008年度廃車
DD51-1072 空知 1993年度廃車
DD51-1083 函館 2014年度廃車
DD51-1092 空知 1991年度廃車
DD51-1093 函館 2015年度廃車
DD51-1094 空知 1993年度廃車
DD51-1095 函館 2015年度廃車
DD51-1096 空知 1991年度廃車
DD51-1097 空知 1991年度廃車
DD51-1100 函館 2016年度廃車
DD51-1101 空知 1993年度廃車
DD51-1102 函館 2015年度廃車
DD51-1137 函館 2015年度廃車
DD51-1138 函館 2016年度廃車
DD51-1139 空知 1993年度廃車
DD51-1140 函館 2016年度廃車
DD51-1141 函館 2015年度廃車
DD51-1142 函館 2014年度廃車
DD51-1143 函館 2016年度廃車
DD51-1148 函館 2016年度廃車