E331系

JR初の営業用連接車として2006年に登場しました。14両で200mとなっています。
駆動方式はDDMを採用。車内ドア上にはLCDを設置してあります。先頭車中央の座席はロング・クロスに転換可能となっています。
試運転を繰り返した後、2007年3月18日から営業運転を開始しましたが、すぐに運用から離脱。メーカーにて修理を行い、再び営業再開しましたが、しばらくして運用を離脱し、数年留置の後、2014年3月25日に廃車となりました。


トップページ

JR東日本

E331系

【メニュー】
当サイトについて
特集
果て無き掲示板
雑談掲示板
リンク集



京葉車両センター 千ケヨ
最終更新
2014/3/25
 
クハ
E331
モハ
E331
サハ
E331
モハ
E331
サハ
E331
モハ
E331
サハ
E331
サハ
E330
モハ
E331
サハ
E331
モハ
E331
サハ
E331
モハ
E331
クハ
E330
備考
AK1 1 1 1 2 501 3 1 1001 4 2 5 502 6 1
川重・東急製 長野配給:2013年3月25日